クリニックに行くのは最初だけ?みんなやってる「個人輸入」ってなに?

個人輸入とは?


日本で販売されていない海外の未承認薬や、医師の処方がないと使えない薬は、個人輸入を利用すると購入可能です。個人輸入とは、海外から日本では発売されていない薬を輸入し、国内で手に入れて使用する方法です。通常は個人輸入代行サイトを通じで薬を購入します。

利用したい海外のED治療薬がある、日本で購入すると値段が高いなど、人によって個人輸入を使う事情は違います。クリニックに最初は通っても、経済的理由や、治療期間終了で、個人輸入に切り替える人はいます。個人輸入は安全性が確かとも言えず、リスクもあります。

個人輸入は違法ではない


数多くの個人輸入代行業者のサイトがあり、そこで海外の薬を買うことができます。日本では売られていないED治療薬やそのジェネリック医薬品など、国内で購入できない薬などが、安く売られています。

個人輸入は違法かどうか、と気になる人もいるでしょうが、厚生労働省の見解としては「購入者が自分で使用するには構わない」としています。その理由としては、海外で受けた治療を、日本に帰国後にも継続する患者さんもいるからです。個人輸入を全面禁止すると、そういった人たちの健康を脅かす可能性もあるのです。

個人輸入した薬を他人に売る、または譲ることは禁止されています。購入者は使用することはできますが、個人輸入代行業者はグレーゾーンといるでしょう。 日本で未承認の薬を広告することや発送することは、薬事法で禁止されています。

偽造品や粗悪品に注意


個人輸入サイトは危険でもあり、安全性は不透明です。メーカーから直接買うわけではないので、輸入代行のサイトを利用する場合は、その薬が正規品であることを信頼し購入します。

しかし実際は、偽造品や粗悪品も多く安全性が不明瞭な場合も多いです。厚生労働省も、問題の報告された薬のリストにして公開しており、注意を呼びかけてます。

有効成分がまったく含まれていなかった薬や、本来とは違う有効成分が使われているものなどもあります。見た目は同じように精巧に作られていることもあり、偽物だと気づかないこともあります。服用してから効き目がないので気づく、重い副作用が現れて気づくことも少なくありません。

特にED治療薬は、他の薬と比べて使用者が多く、偽造品が多いことで有名です。これらは正規に国内で購入すれば、それなりの値段がするので、多くの男性は個人輸入を使います。ある調査によると、個人輸入で売られている半数以上が偽造品であるケースもあり、問題となりました。個人輸入を利用する時は、業者が信頼できるかどうかをよく調べてから、利用しましょう。