実はけっこう多い30代でのED治療薬の服用

環境の変化が大きい30代


男性の30代と言うと、働き盛りで会社でも次第に責任のある仕事を任され、家庭を持つなど、環境の変化がある時期です。体はまだ若く、精力も十分ある人が多いです。

そのような30代でも、EDに悩む男性は少なくありません。EDと言うと40代から50代以降の男性がかかるイメージがありますが、実際は若い世代にも多いのです。30代では年齢特有のEDの原因があります。そんな30代でEDに悩む方の中には、バイアグラなどをED克服のために服用する方もいます。

さまざまなストレスが原因


30代は、公私ともに社会的な責任が大きくなる時期です。それは今まで経験したことのない、大きなストレスを受ける年代ともなります。

会社で残業が増える、家族サービスで休日でも休めないなどと、肉体的な疲労やストレスのみならず、人間関係、夫婦関係、ご近所や親戚との付き合いと、精神的なストレスも多くなります。そのようなストレスが増えれば、性的な興奮が体でうまく伝達されなくなり、EDになることがあります。30代になれば子供を作ることを意識する夫婦も多いです。妻から寄せられる期待などで、プレッシャーを感じてEDを起こすケースもよくあります。

これは若い世代に見られる心因性EDです。そんな心因性のEDを発症する30代でも、ED治療薬を服用する方は多く、ED改善のために使います。

30代のEDは生活習慣病の予兆


30代になると仕事上の付き合いも増え、色々なストレスを抱えることで不摂生になってくる時期です。食事などの生活習慣が乱れて、運動不足も加わり、生活習慣病の危険が増してきます。

EDは男性ホルモンの分泌量だけに起因するのものではなく、血管が不健康になることにより、EDになる可能性もあるのです。陰茎には非常に細い血管が通り、その血流の具合もEDに関係します。血管の健康状態が悪くなれば、陰茎の血流が弱まり十分な勃起ができなくなるのです。EDになる原因が多い年代となり、ED治療薬を服用する方も増えます。

これは勃起不全だけではなく、血管の状態が悪化すると、動脈硬化や狭心症など他の病気になる危険もあります。特に動脈硬化は細い血管で発症することが多く、勃起不全は、自身の健康状態を図るためのシグナルだと考えると良いでしょう。

30代になると、EDになれば勃起しないだけだと簡単に考えることができなります。血管などに重大な疾患を潜めている体の変調を知らす症状であることもあり、生活習慣病の兆候がないか検査すると良いです。場合によっては糖尿病や高血圧などが、EDと同時に出ることもあります。