40代で勃起不全?EDの原因はさまざま!関係あるのは年齢だけじゃない?

40代男性がEDになる原因は?


40代男性のEDは、男性ホルモンの分泌が減り血流が悪くなり勃起のための血液が陰茎に集まらない、精力に必要な栄養素が失われ男性ホルモンの分泌が減る、そして病気などにより経ちにくくなり、勃起不全へと繋がっていきます。

若い時は、成長ホルモンと男性ホルモンがどんどん分泌されます。男性ホルモンが分泌されれば、精子が作られます。精液が濃くなれば、性欲も湧き精力も増します。男性ホルモンは精力に欠かせない要因で、運動などにより分泌を促す必要があります。

精力に必要な栄養を摂ろう


精力に必要な栄養素の亜鉛を吸収する必要があります。40代になると、体は必要以上の栄養素は不要として、亜鉛などの栄養素を体外に排出します。40代になると体は、体だけを現状維持し精力や体力は落ちていきます。精力の元となる栄養素も体から失われやすく、精力は勃起をするほどは残らないです。このため勃起には体外に捨てられる以上の精力に必要な栄養を摂取すれば、精力が高まり、EDが改善する可能性もあります。

40代がEDになる原因は、肥満や高血圧が原因になる場合もあります。糖尿病はEDの原因になりやすく、糖尿病にかかると勃起力に影響が出ます。健康が勃起力に重要で、勃起力を高めEDを治療するなら、健康な体を維持する事も意識しましょう。

40代から始めるED対策


40代のED対策で必要なのは、運動・食事・健康の3つです。

運動すると男性ホルモンの分泌が良くなります。男性ホルモンの減少を、この運動によって改善できます。男性ホルモンの分泌を促して高め、精子を増やすことも必要です。しかし自転車などの運動は、股間の血流を妨げて、逆効果になることもあります。軽いジョギングや階段の上り下りなど、日常で対策をしていきましょう。特におすすめなのはダンベル運動です。

食物繊維が増えると、排便しやすくなり、それにより亜鉛も体外に流出させやすくします。亜鉛はたんぱく質と一緒に食べると体で吸収しやすくなるので、肉や魚などを食べ、動物性たんぱく質の摂取を心がけ、亜鉛を吸収しやすくします。牡蠣など亜鉛を多く含む食材を食べるのも良く、亜鉛を多く摂ることで精力を回復出来ます。

運動を心がけて行ない、バランス良い食事をしていけば、健康も保てます。肥満や高血圧、糖尿病がEDの原因なので、それらを防ぎ、健康な体を維持することに繋がります。普段の生活でED対策に良いのは、タバコを吸わずお酒を飲まないことです。タバコやお酒もEDの原因になります。