50代、妻にバレずにEDを治療したいけど。。。

妻はそれほど気にはしていない


ED治療薬を使ってみたいけれど、妻にバレたくないという50代の夫は多いでしょう。しかし、案外妻はEDのことを気にしていないことが多く、隠されて使っているほうが嫌だ、話してほしいと、女性は親身になってくれるものです。

ただそうは言っても、やはりバレずに治療したいと思うものでしょう。まずはED治療薬が初めての方は自分に合う薬を試しましょう。バイアグラ・レビトラ・シアリスなどがあり、有効成分は違うので、違う特徴があります。そしてEDだと隠しながら治療を行なっていきます。

セックスの頻度


EDを隠す場合、最も困るのが妻とのセックスです。これまで普通に行っていたセックスが突然無くなれば、妻が怪しいと思うはずです。
しかし夫としては、EDなのでセックスできないのは当然でしょう。

EDの症状もいろいろあり、全く勃起しない、挿入できるほどの硬さがない、挿入はできるが中折れするなどあります。全く勃起しないのか、勃起するシチュエーションがあるかで対処が変わってきます。

挿入までできれば、なんとかごまかせますが、何度も続くと怪しいと思われます。そのために疲れているときや、お酒を飲んだタイミングでやると、疲れやお酒の影響で勃起しないと言い訳が出来て自然に見えます。

携帯ケースは必須アイテム


ED治療薬を買って使うにしても、タブレットケースなどの小さな箱に入れて常備することいつでも使えます。
奥さんにばれないように常備するなら、タブレットタイプのフリスクケースを使うのはおすすめです。

通常のフリスクは、ケースサイズが小さいので薬を収納するには向きません。しかしタブレットタイプのケースは、ケース自体も大きく、タブレットの取り出し口も大きく開くので、簡単に収納できます。

個人輸入で購入


病院でED治療薬は処方できますが、周りの目が気になることや、知人と会う可能性、購入までの煩わしさがあるので、個人輸入サイトで購入するのがおすすめです。

多くの個人輸入サイトでは、無記名の入れ物に入れて、中身がED治療薬だと分からない梱包になっており、ED治療薬が届いたとは思いません。

家に届いたこともわからなくしたいので、自宅ではなく会社に送って欲しい方もいるでしょう。しかし会社宛てでは、個人輸入として認められないことがあるので、購入する場合、注意が必要です。

そういう場合は、荷物を郵便局留めにして、郵便局で受け取ると良いです。その場合は郵便局員の方も、荷物がED治療薬だと気づきません。その個人輸入サイトでは郵便局留めに対応してかどうか、確認してみましょう。